集まれ!離婚した人、しちゃう人

    大切な事は、自分が何をしたいか解ってる事だよ。

    TOP >  ゆるっと憲法とか >  裁判官を辞めさせる方法~原則は国民審査だけ

    裁判官を辞めさせる方法~原則は国民審査だけ

    裁判官を罷免(辞めさせる)方法は、弾劾裁判と最高裁判所裁判官の国民審査の2つがあります。
    しかし、一般的に国民の声が直接反映されるのは国民審査だけと考えて良いと思います。

    つまり高裁や地裁の(最高裁以外の)下級裁判所を罷免する事は、基本的に出来ません。
    下級裁判所の裁判官を辞めさせる方法として弾劾裁判があるのですが、これは国会の中で構成される例外中の例外と言っても良いと思います。一応、参議院のサイトに簡単に書いてあるのと、そこからリンクされてる“弾劾裁判所”のサイトがあるようなので、リンクだけ貼っときます。
    参議院~弾劾裁判所等
    弾劾裁判所~よくある質問と回答

    さて、それでは最高裁判所裁判官国民審査とは何でしょう。
    総務省のサイトに説明はありますが、憲法にしっかりと明記されているので参照しつつ見ていきます。

    憲法七十九条
    ○2 最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後十年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。



    ご覧のように、最高裁判所の裁判官だけが対象なんです。そして、衆院選とか参院選の国政選挙の「ついで」の時なんです。しかも、認否出来るのは一部の最高裁判所の裁判官だけなんです。全員ではありません。

    ついでに書いて置くと、投票用紙は、その時に国民審査を受ける裁判官の名前が書いてある用紙に「X」を付ける制度なので、知らない(馴染みの無い)名前の人ばかりだから、ほとんどの人はそのまま(何も書かずに)投票箱に入れちゃってるのが現実のようですね。

    つまり、何も書かなきゃ「O」って事なのでOKって意思表示になるので、ほとんどの人はOKって投票をしてる事になります。僕の知る限りでは、過去に国民審査で罷免された裁判官は居ないんですよね。

    いちおう、国民審査が行われる時は、他の議員候補者と同様に、事前に名前が公表される事になってはいるのですが、裁判官自体が選挙活動をするわけではないので、自分から探しにいかなければ目に触れる事すら無いんじゃないでしょうか。

    名前が判れば、裁判所のサイトに最高裁判所の裁判官の一覧が有って、それぞれの裁判官が関わった判例等が載っています。また、最近は名前で検索すれば善し悪しは別として盛り沢山な情報が得られるので、しっかりと下調べする事が大事だって事ですね。


    ちなみに、憲法には裁判官は独立してるって事になっていて、新聞やニュースは当然として、世間の批判なんかにも影響されちゃいけない事になってます。

    憲法七十六条
    ○3 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。



    でも人事権は最高裁が持つ事になっているので高裁含めて下級裁判所の裁判官は、最高裁に逆らえないと言うか、忖度しちゃってるのが現実だとか言われてるようです。

    憲法八十条
    下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。



    現実問題として最終的に最高裁判所が決める事は三審制の制度として異論は無いんだけど、それでも、やはり、各裁判官が独立して、各々の基準で判断して欲しいとは思います。

    これに関しては、わりと身近に手にする事ができる書籍が何冊もあるので、読んで見て下さいね。学術的で難しい内容じゃない、法律なんか解らない!って方でも読みやすいものが何冊も出版されてます。

    最後に、最高裁判所の裁判官を決めるのは内閣のお仕事なので、最高裁は内閣の長である総理大臣に日和ってるとかも言われてますよ(^^ゞ

    憲法第六条
    ○2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

    憲法第七十九条
    最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。


    関連記事