集まれ!離婚した人、しちゃう人

    大切な事は、自分が何をしたいか解ってる事だよ。

    TOP >  ネットを彷徨う >  Twitterが凍結されたので原因を考察

    Twitterが凍結されたので原因を考察

    先日の事、Twitterからルール違反なので利用制限するって事で12時間の凍結させらちまいました。

    てことで、Twitterにそのまま画像貼り付けようかと思ったんだけど、それで、またルール違反だってチェックされると嫌なので、ここで、皆様に報告させて頂きます(笑)

    本音としては、Twitterと、とことんやり合いたいんですけど、相手にされないだろうってのと、日頃から僕が言ってる「無料のサービスなんだから嫌なら使うな!」って事もあるので、従わざるを得ないのです・・・(>_<)

    その元となったツイートがこれ(クリックでTwitter社の通知含む画像が開きます)
    スクリーンショット (888)

    僕的には、何も問題は無いように思うんだけど、Twitterの言い分では「暴言や、差別的言動を禁止するルールに違反しています」って事らしいのよ。あくまでも推測でしか無いんだけど、「老害」や「駆逐」って語彙が不味かったやろか。それとも「巻き込めれば」ってのがダメなんだろうか、もしかして、その両方なんやろか。

    いずれにしても、この程度(?)がアウトっては、僕としては納得は出来ないものの、凍結されたままでは、それはそれで納得できないので、Twitterの指示通りに、該当ツイートを削除しましたとさ・・。

    いちおう、「何らかの手違いの場合は、違反に異議申し立てできます。」とはなってるものの、そんな進行にはなって無かったような曖昧な記憶(笑)。それに、異議申し立てすれば、その審査の時間が余分にかかるだろうと考えると、言いなりにサクッと削除した方が、早く凍結解除されるだろうし、何よりも面倒が無いと思って、サクサクと、甘んじて、凍結を受け入れちゃいました。

    ただ、噂によると、凍結ってイエローカードみたいに、何回か違反すると、アカウント自体が削除されちゃうらしいので怖いっちゃ怖いんですけど・・。

    日頃、見てる中でも、僕からすれば、明らかに、酷いヘイトと言うか、罵声浴びせるようなのも有るので、ホント不思議です。僕もそんな対象にされた事は有って、通報したんだけど、それは今でも生きてるようなので、再々繰り返すけど、何が、どう、ダメなのかって基準が全く以て解らずにいます。

    関連記事