常に敵を作り続ける事で自己を維持する人への対策

    人が集まれば、合う人も居れば合わない人も居る事は必然だろう。何も大人数では無くとも、二人居れば合う合わないは当然に出て来るものだと考える。

    もちろん合わなければ、付き合わなければ良いだけのことなんだろうが、そうも言ってられない時がある。例えばご近所さんだったり、職場や学校だったり、家族だったり。

    私も過去には思い当たる時期がある。誰かと競う事で、誰かと争う事で、誰かに勝つ事で、誰かを敵視する事で、励み頑張り結果を得る事を目指せていたのだろう。

    しかし、ここ最近は、そのような姿勢と言うのか、思想と言うのか、思考とは縁遠くなってきている。

    上下や、勝ち負けやなどに興味が無くなって来ているのかもしれない。

    しかし世の中には色々な人が居て、年齢性別を問わず、そんな位置に立とうとする人が居る。

    上下や勝負では無いのかもしれない、もっと単純に損得だったり、恐れだったりするのかもしれない。何を得して、何に恐れているのだろうか。

    先日、とある呑み会に参加した時の事。私は別に意識していたわけでもなく、敵視していたわけでも無かったのだが、一方的に敵視されてしまい、罵倒とも思われる言葉を浴びたのだ。場が一気にしらけてしまった事は言うまでも無い。その場に居たのは10人少々、それまでは和やかな宴席だったはずで、当事者だろう私も何が何だか解らず、他の面子は私を擁護してくれていたようだったのだが、前述のように、常に誰かを敵視する事で自我を保っているとしたら納得がいく。

    その宴席は、その場限りで、二度と顔を合わさない選択も可能な面子なので、事なきを得ているのだが、ご近所さんだったり、職場や学校だったり、家族だったりした場合には、何か対策を講じなければならない。

    しかし具体的かつ有効な対策は思いつかない。ただ一つ可能性として有るのはひたすら隷従する事ではないだろうか。つまり次の標的を見つけてくれるまで耐える事。

    そのような精神状態の人に対して、正論を振りかざしたところで感情で返されては議論にすらならない、そうかと言って受け流していても止まる事はなく怒りを増長させるだけではないかと考えている。

    組織の中では虐めへと繋がり、家族の中ではモラルハラスメントや虐待へと発展していく多くは、そのような私の仮定が当てはまるのでは無いだろうか。

    いずれにしても、そのような相手を直接諭すと言うのか、是正する対策は思い付かず、自らに火の粉が降りかからないよう願うしか出来ないのが正直なところで、そのような危険予知能力を高めるしか自営の術は無いのでは無いだろうか。

    そのような人と関わってしまった場合、運が悪かったと、時間を無駄にしたと、良い勉強になったと、少しでも早く離れる為の行動に移す事が最善の策では無いかと考えてしまってます。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    74位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    34位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク