どんどん結婚して、どんどん離婚しよう。

    「ビックダディの元妻が4回目の結婚」こんな感じのヘッドラインが飛びこんできた。
    ニュースとして個人的に興味のある話題ではないのだが、結婚て何よ?って思考が立ち上がってきた。
    そもそも結婚てどういう事なんだろうか。
    彼女は結婚生活に何を求めているんだろうか。


    本来、結婚というのは 簡単に言ってしまえば”婚姻届”をするか否かだけの事。
    それに伴って、様々な義務が生じてくるのが昔からの常道のようです。
    この義務ですが、突き詰めれば相互扶助義務だけじゃないだろうかと思っています。

    教会で結婚式を挙げる時に誓いの言葉として言うあれですね。
    「あなたは、健康なときも、そうでないときも、この人を愛し、この人を敬い、この人を慰め、この人を助け、その命の限り堅くく節操を守ることを誓いますか?」こんな感じのやつです。

    結局のところ、大昔から大して変わって無いって事になってしまいそうですが、日本においては近代に限定された話で、いわゆる戦前においては、つまり現行憲法制定前までは家と家の婚姻であって、個人と個人では有りませんでした。

    今は平成27年、何度も結婚する人もいれば、離婚を自慢する人もいるような時代となっています。それが良いのか悪いのかは私には判断できませんが、同姓婚の問題も含めて婚姻に対する国の姿勢は曖昧なままのようです。

    今一度、結婚する事の目的を、婚姻って制度自体を国として見直す必要が有るんじゃないかと感じています。

    表題の美奈子さんは4回目の結婚で、その元夫のビッグダディこと林下さんは5回の離婚、宇多田ヒカルの母である藤圭子さんは6回だとか7回だとか、記録としては50回の離婚って方もいらっしゃるようです。

    こうなってくると、結婚式で生涯を共にする誓約をする事に価値があるのでしょうか。恋人としての交際と夫婦として婚姻届をする事との境界がとても曖昧に思えてきます。

    法律上は結婚も離婚も二人の合意があれば戸籍法上の届けすれば足りるのですから、本当に紙切れ一枚とはよく言ったものだと感じます。しかし現実問題としては、それで足りないから揉めるのでしょうね。

    こう考えてくると何も夫婦じゃなくても恋人同士でも別れるの別れないのと痴話喧嘩は珍しくもないのですから、離婚だ離婚だと騒ぐ事すら不思議な話だと言い切る事も不可能ではなく、そんな時代がやってくるようにも思えます。

    戸籍以外の義務とは何なんでしょうね。
    DVだ虐待だと事件になるほどの相互扶助義務違反は少数だとしても、そこまでは至らない違反があるのでしょうか。本当に個人と個人の価値観のぶつかり合いが夫婦だとも考えられます。いったい何を敬い、何を助けるのが結婚なのでしょうか、愛するって何でしょうか。

    何が言いたいのか判らなくなってきましたが、「離婚する事による世間体なんて気にしなくて良い時代になった。」と言い切ってしまうのは早過ぎますでしょうか。「離婚なんて簡単だよ。」と言うのは無責任過ぎるのでしょうか。


    ちなみに藤圭子さんは同じ男性との間での結婚、離婚、復縁、離婚の繰り返しのようです。



    離婚または労働に関する相談承ります。
    ご用命の方はこちらをお読み下さい。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはこちらをご覧下さい。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。
    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    74位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    34位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク